年齢を重ねると共に膝に痛みを感じるようになった。そういう方は多いようです。
最近では膝の痛みを緩和するためにサプリメントを利用する方が多いようですが、サプリメントを使うとどうして膝の痛みを緩和させることができるのでしょう?

膝の痛みの原因として最も多いものが関節の軟骨がすり減って、骨同士がこすれ合って痛むという『変形性膝関節症』です。
多くのサプリメントはこの関節症に対応できるよう作られています。

特にグルコサミンのサプリメントが、膝の痛みに効果があるといわれています。
グルコサミンを摂取した時にそのまま膝の軟骨に供給されるかはそのサプリメントに一緒に配合されている成分が大事なのですが、グルコサミンには関節の炎症や痛みを抑える効果はあるといわれています。
ちなみにグルコサミンサプリメントの効果が現れるのは1ヶ月から徐々にです。

膝の痛みが気になる方はグルコサミンのほかにコンドロイチンを多く含むものも愛用されています。
コンドロイチンは、新たな細胞を作り出す代謝作用を助けますのでグルコサミンの助けとなるからです。
またコンドロイチンはサメやほ乳類の体内に存在する関節から作られますので相性が良いのでしょう。

気を付けていただきたいのは、サプリメントの成分には、天然成分と合成成分とがあることです。
体への吸収率を高めるのは、値段は高くなってしまいますが天然成分です。
ご購入の際は成分を確かめて、天然を謳うサプリメントであってもその会社の実績など調べてからにしましょう。

健康になるためにサプリメントを飲むのに、体がおかしくなったのでは仕方ないですからね。

[PR]
関節が痛いなどお悩みはないですか?
通常のグルコサミンの3倍の体内補給効率を発揮する「N-アセチルグルコサミン」+コンドロイチンを配合した、ユンケルでおなじみの佐藤製薬の健康食品【美健知箋】です。