『関節炎』と聞いて腹痛をイメージする人はいないと思いますが、これは「関節」の病気であればほぼ関節炎という表現をするそうです。

その関節炎は大きく炎症性悪化症とがあり、関節が受けるダメージの種類によって分けられています。

たとえばリューマチや通風などは関節の周囲の結合組織の炎症も含む「炎症性」関節炎にあたります。
変形関節症のような、直接的な要因があって起こる外傷性関節炎は「悪化性」関節炎にあたります。

関節炎が起こりやすいのは、ひざ、指、手首、それから背骨の下のあたり、そして股関節などで、その治療には鎮痛剤を用いて痛みを抑えるのですが、この鎮痛剤が原因で症状が進行するという専門家の声もあります。

そんな不安に希望の光を与えてくれるのがグルコサミンです。
副作用がほとんど認められないグルコサミンは、関節のクッションの役目をしている軟骨と自然に溶け込める成分ですので、軟骨再生の補助をして、関節の痛みを緩和させていきます。

またコンドロイチンは古い軟骨が壊れるのを食い止める役割をします。
グルコサミンとコンドロイチンの力があれば、関節炎は改善されるということが分かりますね。

関節炎にかかりやすい人の特徴は姿勢が悪い人、体重が重すぎる人、長時間にわたる厳しい作業をしている人、また遺伝的なもの、などです。

もし自分に当てはまるようでしたら、グルコサミンやコンドロイチンを摂って予防しましょう。

[PR]
関節が痛いなどお悩みはないですか?
通常のグルコサミンの3倍の体内補給効率を発揮する「N-アセチルグルコサミン」+コンドロイチンを配合した、ユンケルでおなじみの佐藤製薬の健康食品【美健知箋】です。