美容効果の高さに期待してコラーゲンサプリを飲んでいる人が多くなっています。
関節が痛い人もグルコサミンと併せてコラーゲンを摂る方も多いです。

では、そもそもコラーゲンとはどのようなものでしょうか。

――コラーゲンとは、人体に含まれるたんぱく質の3分の1を占める成分で、筋肉や内臓、髪、骨など色々な部位に存在しています。
細胞と細胞を結合して体を構成しつつ、体内の水分を保持し、老廃物の排出や栄養供給をサポートしているのが特徴です。

つまりコラーゲンが体内で足りなくなると肌の潤いが失われてシミやしわの目立つお肌になってしまったり、骨や血管がもろくなったりするのです。

このコラーゲンは、身体の成長過程においてはたくさん存在しているのですが、年齢を重ねるごとに失われていき、25歳をピークに急激に減少するといわれています。

ですので、年を取ると髪が細くなったり肌が乾燥しシワが増えてしまったり骨がもろくなってしまうのです。

コラーゲンを補給しないと老いのスピードが増すので、ふかひれや牛すじなどでコラーゲンを摂取したいところですが、これらを毎日摂ることは難しいですしカロリーも高くなってしまい逆に身体によろしくないです。

なので気軽に毎日飲めるコラーゲンサプリが人気です。


スポンサーリンク