歳を重ねるにつれて軟骨がすり減った結果、関節が変形してしまうことがあります。

階段を上ったり降りたりするときに辛いひざの痛みは「変形性膝関節症」と呼ばれる症状です。
この症状が進行すると、ひざに水がたまってしまうようになります。

関節の痛みは50代になると急に増え始め、60代になる頃には80%を越える人がひざや腰、また脊髄などに痛みや違和感を持つようになるといわれています。

こんなときグルコサミンを摂るとその関節の痛みを緩和することができます

50年以上も使われ続けている関節は、その摩擦で骨との間の軟骨をすり減らしてしまい、変形関節症が起きてしまいます。
変形関節症の進行を妨げるため、グルコサミンを摂取して軟骨を新しく生成する補助して関節症の改善をするのです。

なぜグルコサミンが軟骨の生成を助けるかというと、グルコサミンが軟骨の主成分であるため、それが加えられることで軟骨が元に戻り、よって痛みのあった関節を修復してくれるというわけです。

グルコサミンを摂り始めてから2週間程度で痛みの緩和を感じる人が多いようです。
ただし変形関節症の場合は痛みが改善されただけでは根本的に治ったとはいえません。

軟骨の再生には時間がかかるので、長期間のグルコサミン摂取をおすすめします。

また、グルコサミンとともにコラーゲンを摂るのもオススメです。

それは、コラーゲンには関節軟骨の老化を予防できるからです。

グルコサミンがたっぷり摂取できてコラーゲンも補給できる小林製薬の『グルコサミン&コラーゲンセット』はあなたのサポートをしてくれるサプリメントですよ。


[PR]
関節が痛いなどお悩みはないですか?
通常のグルコサミンの3倍の体内補給効率を発揮する「N-アセチルグルコサミン」+コンドロイチンを配合した、ユンケルでおなじみの佐藤製薬の健康食品【美健知箋】です。